読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計事務所の求人 業界裏話ブログ

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

画像:税理士

税理士法人採用担当が語る
会計事務所の就職・転職・求人・業界裏話

画像:税理士

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

無料相談 0120-982-273 受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

相続税部門創設による究極のワンストップサービス

こんにちは、ベンチャーサポート税理士法人の古尾谷です。

相続税専門部門(相続サポートセンター)を作ってよかったこと。

悪かったことは一つもありませんが、良かったことは山ほどあります。

その中で特筆するとしたら、ワンストップサービスが強化されたことです。

※現在のベンチャーサポート税理士法人を中心とした士業グループ

  • ベンチャーサポート税理士法人
  • ベンチャーサポート社労士法人
  • ベンチャーサポート司法書士法人
  • ベンチャーサポート行政書士法人

相続税部門創設により、ワンストップサービスのどこが強化されたのかを見ていきたいと思います。

f:id:hiroakifuruoya:20170208195904p:plain

相続税部門によるワンストップサービスの効果

1 税理士だけでなく司法書士、行政書士の仕事が増える

相続といえば相続税申告や相続税対策だけの仕事にとどまりません。相続発生後でいば、身分関係の戸籍等の収集や預金等金融資産の名義変更、不動産の名義変更、相続放棄、遺産分割協議書の作成などの仕事があります。生前の対策や相談からは、相続税対策や贈与税申告のみならず、遺言書作成や民事信託、不動産管理会社設立の仕事等が発生してきます。これらの業務は全て税理士ができるものではなく、司法書士、行政書士しかできない業務範囲となります。

相続税申告の相談から、相続対策の相談から、税理士のみならず、行政書士、司法書士の仕事が発生してくるというわけです。

逆を言えば、行政書士や司法書士に対する相続がらみの相談から税理士の相続税申告の仕事が発生してくるというわけです。

2 法人顧問先の資産税相談により専門的にスピーディーに対応できる

法人顧問先から相続に関する相談はもちろん、不動産に関する相談や個人の贈与に関する相談を受けることがあります。今までは担当者が自分で調べて対応したり、先輩担当者に相談したりの対応でしたが、今は相続部門に相談をすれば、即答できたり、面談時に相続担当者を同席させて解答をしています。

税理士といっても専門分野が異なりますので、担当者として幅を広げることは大事ですが、時間をかけすぎたり、調べて回答したとしても間違えた内容を伝えたりとリスクも高くなってきます。相続担当者に聞く、対応してもらうことで、担当者も知識の幅を広げることができます。

もちろん、お客様としても各分野に強い専門家が随時対応してくれることで、よりベンチャーサポートを信頼してくれています。

3 切磋琢磨の仲間が増える、部門間の垣根がないのが究極のワンストップサービス

ベンチャーサポートのワンストップサービスというのは、本当の意味では、士業間、部門間の垣根を超えて、仕事をする仲間として意思疎通を交わし、協力しながらも互いに切磋琢磨できる環境を究極のワンストップサービスと考えています。

同じ会社、同じ部署だけで仕事をするのと、士業、部門間の垣根を取っ払った形で様々な専門分野の仲間と切磋琢磨していくのと、どちらが自己成長できる環境でしょうか?

色々な能力、知識、対応力を持った仲間が周りに多くいる環境はなかなか作ることは難しいです。ただ、ベンチャーサポートはどんなに規模が大きくなったとしても、一つのベンチャーサポートという一つの大船に乗って航海していく士業グループでありたいと考えています。

 

ベンチャーサポート税理士法人、東京相続サポートセンター横浜相続サポートセンターでは絶賛求人募集中です!!

少しでも興味をお持ちいただいたら、まずは相続税専門部の求人サイトを見ていただければと思います!!

 

 

hiroakifuruoya.hatenablog.com