読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計事務所の求人 業界裏話ブログ

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

画像:税理士

税理士法人採用担当が語る
会計事務所の就職・転職・求人・業界裏話

画像:税理士

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

無料相談 0120-982-273 受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

毎月の仕事

VS仕事・教育体制

毎月の仕事

f:id:hiroakifuruoya:20160305170457j:plain

まずは会計事務所の中で行う毎月の作業についてご説明します。
一定数以上の顧客を見る担当者にはアシスタントがつきますので、
領収書の整理や会計ソフト(弥生会計)入力などの作業は、入社後数ヶ月以降は行ないません。
アシスタントが入力した会計データにミスがないかを、原始資料を見て確認します。
起業直後の社長は経費にならないレシートや、経理に関係のない郵便物なども一緒に送ってくることもあります。
それを選別しながら、社長に「何が経費になるのか、なぜ経費と考えるのか」など
税務署の視点を混じえながらお伝えします。

こういったアドバイスの一つ一つが、担当者が社長と一緒に会社を成長させる実感に繋がり、
社長からも大きな感謝を頂ける機会でもあります。
ベンチャーサポートのサービスプランには顧問先が自分でデータ入力を行う「自計化コース」と、
レシートの整理やデータ入力をベンチャーサポートで行う「経理代行コース」があります。

前者の場合は、会計ソフト上で確認できる範囲で入力ミスがないかを確認し、
その数字をもとに経営レポートの作成、さらに節税や経営の提案を行ないます。
後者の場合は、経理代行を行なったうえで上記サービスを実施します。
経営レポートの作成はシステムで瞬時に行なえますので、
その後、社長に報告すべき項目を自分の中で整理することに時間を使います。

例えば、売上が事前の予想売上に満たなかった要因や、毎月とは違う固定費の金額が出ている要因など
何を打合せで伝えるかを事前に準備しておきます。
毎月の社長とのコミュニケーションから、「社長はどの指標を気にしているか?どういうサポートを求めているか?」
を自分で判断し、より満足度の高い打合せ・密度の濃い対話を目指します。

上記のような濃いサービスを担当者個人のレベルだけに依存することなく実現できるよう、
5人~10人程度のチームを作り、チーム内で顧客の状況を確認する管理体制をとっています。
「月次進捗表」という社内共通のシートを用いて、
予定納税の時期・消費税の判定・節税の提案などミスや漏れが起きやすい項目を全員でチェックしあう
バックアップ体制を整えています。

 

会計事務所の求人業界裏話ブログで業界の業務内容等を知っていただき、自分に合った最良の会計事務所を見つけてみてください。

ベンチャーサポート税理士法人でも「会計事務所求人募集中」です。