読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計事務所の求人 業界裏話ブログ

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

画像:税理士

税理士法人採用担当が語る
会計事務所の就職・転職・求人・業界裏話

画像:税理士

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

無料相談 0120-982-273 受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

会計事務所就職・転職情報vol.13  所長年齢別、第四世代の特徴

【8】税理士事務所の所長年齢別の特徴

こんにちは!ベンチャーサポートの古尾谷です。

今回は第四世代、所長年齢35歳以下の特徴を見ていきます。

第四世代(創業者が35歳以下)の特徴

f:id:hiroakifuruoya:20160222190854j:plain

この世代で独立している人はまだ多くいるわけではありません。

一つ上の第三世代がネットを最大限に活用して成長したのですが、この世代の方は再び人脈営業などリアルなところへ戻っていると聞きます。

第三世代よりも、インターネットやITに強く、情報収集能力も高いですが、その分、広告競争や価格競争といった会計業界の成熟した競争社会を目の前にして、レッドオーシャンでなく、ブルーオーシャンで戦おうとしている若手が多いように思われます。

会計事務所の業種特化業務特化がいい例だと思います。

また成長に対して貪欲ではない方が多いというのも特徴と言えます。

そんなガツガツしなくても、自分で対応できる範囲のクライアントを持ってのんびり生きていこう的な感じです。

面白いことに、第一世代の零細事務所のような形の第四世代の事務所は増えています。

このノンビリタイプの事務所はそもそも人を募集しません。私の知っている敏腕会計士の方がいらっしゃいますが、この方は一人でやっていくと尖った考え方だと思います。

もしこの世代で積極的に採用している会計事務所があれば将来有望だと思います。

この世代の会計事務所に就職するなら、規模は問わず成長意欲のあるところを選ぶのがベストだと思います。

 

それでは、皆さん、会計事務所の求人業界裏話ブログで業界を知っていただき、自分に合った最良の会計事務所を見つけてみてください。
ベンチャーサポート税理士法人では、随時、求人募集しております。