読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計事務所の求人 業界裏話ブログ

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

画像:税理士

税理士法人採用担当が語る
会計事務所の就職・転職・求人・業界裏話

画像:税理士

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

無料相談 0120-982-273 受付/9:00 ~ 21:00(年中無休)

会計業界で就職や転職を考えている人向けに会計事務所の実態をリアルに書いていきます。

税理士事務所・会計事務所就職合同説明会について

こんにちは!ベンチャーサポートの古尾谷です。

税理士受験のためTACや大原の専門学校に通っている方は、会計事務所の就職合同説明会が行われているのを知っていますよね。

就職や転職の際には、参加してみようと思われている方は多いかと。

自分も就職・転職活動時代に参加したことがありますし、ベンチャーサポート税理士法人としても就職合同説明会にブースを設けて参加させていただいています。

今回は、出展する会計事務所の採用側として、この就職合同説明会について特徴を書いていきます。

f:id:hiroakifuruoya:20160203105818j:plain

会場はホテル等の広い会場で行われ、求人募集を行っている税理士事務所・会計事務所・税理士法人が一堂に会するのが合同就職説明会です。

税理士受験後の8月初旬と税理士受験発表後の1月中旬に大手専門学校を中心に合同説明会が行われます。

各事務所ごとにブースが設けられ、求職者は話を聞いてみたい事務所のブースに並び、会計事務所の採用担当者から個別に話を聞いていきます。

一度に多くの会計事務所から話を聞いて、情報を得ることで、自分が就職したい会計事務所のイメージ作りにもってこいの場でもあります。

あくまで求人先の情報を収集するために参加される方も多いかと思いますが、「説明会」といえど、ここから既に「面接」が始まっています。

特に履歴書等を持参しないと怒られるというはありませんが、履歴書・職務経歴書を渡せるように必ず複数用意してくださいね。

履歴書審査のところでいつも落ちてしまい、面接まで漕ぎ着けない人にとっては、最初から面談で履歴書以外の部分でアピールできる絶好の場でもありますからね。

ただ、この就職合同説明会。見せ方や条件がよい会計事務所だと倍率は50倍以上になることもあります。

(ちなみに条件が良すぎる場合は、既存の自分の担当のお客さんを持ってくるように言われる、なんてこともあります。。)

圧倒的に、会計事務所側が有利な説明会になんですね。会計事務所側は多額の費用を負担しているのでやむをえませんが。

しかし、お時間があるかたはぜひ参加してみることもお勧めします。
自分自身が会計事務所からどのように見られているかや各会計事務所の特色等、勉強になることをあげればきりがないぐらい勉強になります。
(場合によっては、トントン拍子に就職となることもあります。)

ここで自分の評価や各事務所の特色を確かめてから、もう一度自分が何をしたいのか、どのように働きたいのか等冷静に判断して、就職活動を進めることもとてもよいと思われます。

 

本ブログ「会計事務所の求人業界裏話」では、業界についての様々な情報を発信しています。

ぜひご参考になされて、自分に合った最良の会計事務所を見つけてみてください。

またベンチャーサポート税理士法人でも、随時、求人募集しております。
会計事務所 求人サイトも是非、ごらんいただければと思います。